看護師としてパートで働く場合は

  • パートで働く戦力となる看護師が必要な現場の状況

    • 看護師は女性によって担われることが多い職業であり、看護学校や大学、短期大学等を出て病院やクリニック、介護施設等に就職するのが一般的なキャリアパスです。



      看護師の仕事は忙しいこともあって結婚して家庭を持つようになると仕事を続けていくことが難しくなりがちであり、職場を離れる決断する人も大勢います。それによって現場では優秀で戦力となる人材が減ってしまい、新しい人材を再び育て上げなければならないということを繰り返しているのが実情です。



      そのため、現場においては即戦力となる人材の確保が常に急務となっています。



      中途採用枠で再び仕事に常勤として戻ってきてくれる人が探されている一方で、子育てが一段落して生活に時間が生まれてきた人を求めるパートの求人も多いのが看護師の仕事の特徴です。



      一度現場で働いた経験のある人であればある程度のブランクがあってもすぐに現場で戦力に慣れることからパートの人材も採用したらすぐに現場で働いてもらえる大きな労働力としてカウントされるのです。



      仕事の時間やシフトのいれ方などについて自由が大きいことから、看護師勤務をしていて一度職場を離れて主婦となった人たちにとっても再度働き始めるのには手を出しやすい選択肢であり、パートで仕事を担う主婦も増えてきています。



      しかし、フルタイムではないことによって相応の人材の数が必要となることから、依然として現場においては人材不足に悩まされる状況が続いており、パートで働く人材が増えることが期待されています。

  • 関連リンク

    • 看護師は女性によって担われることが多い職業であり、看護学校や大学、短期大学等を出て病院やクリニック、介護施設等に就職するのが一般的なキャリアパスです。看護師の仕事は忙しいこともあって結婚して家庭を持つようになると仕事を続けていくことが難しくなりがちであり、職場を離れる決断する人も大勢います。...

    • 現代では、それぞれの生活スタイルや家庭の事情などによって、柔軟な働き方を選んでいる人が多く見られるようになりました。あらゆる職業の中でも、医療専門職は、専門的なスキルや豊富な経験を最大限に発揮できる職場で活躍しています。...