看護師としてパートで働く場合は

  • 勤続年数によって仕事も変わる看護師のパートの仕事

    • 主婦となってから看護師資格を利用して時給の高い仕事をするというのは家計を支える上でも小遣い稼ぎをするという観点からでもよい方法です。



      パートの仕事の求人が豊富にあることから仕事探しも容易となっています。



      介護施設からの求人が多い傾向にあるものの、病院やクリニックなどの医療機関からの募集や健康診断や治験などの仕事もあり、看護師としての職能を発揮できる多様な仕事から選ぶことができるようになっています。



      パートの仕事の特徴として、その勤続年数によって大きく仕事が変わりやすい傾向があるという点が挙げられます。派遣やアルバイトと違って同じ職場である程度の期間働き続ける人が多いことから、その経験の度合いに応じて任される仕事が変わっていきやすいのです。



      最初は派遣やアルバイトと同様に常勤やベテランのサポートをする仕事や裏方の仕事を担うことになるのが典型的ですが、経験を積むことによって常勤の人たちと同様に最前線でベテランとして働くことになるのも稀ではありません。



      フルタイムで働いているのに比べると労働時間が短いとはいえ、同じ職場で長く働いてくれることから継続的に力になる人材としてカウントされることが多いというのがパートの仕事の特徴なのです。そのため、看護師として重宝されることが多く、場合によっては勤務先から常勤となることを勧められることもあります。
      高い戦力となる人材確保が難しい看護師業界だからこそそういった傾向もあるのです。



  • 関連リンク

    • 現代では、それぞれの生活スタイルや家庭の事情などによって、柔軟な働き方を選んでいる人が多く見られるようになりました。あらゆる職業の中でも、医療専門職は、専門的なスキルや豊富な経験を最大限に発揮できる職場で活躍しています。...

    • 看護師は女性によって担われることが多い職業であり、看護学校や大学、短期大学等を出て病院やクリニック、介護施設等に就職するのが一般的なキャリアパスです。看護師の仕事は忙しいこともあって結婚して家庭を持つようになると仕事を続けていくことが難しくなりがちであり、職場を離れる決断する人も大勢います。...